機器選定〜導入までの流れ

お客様のご希望をお聞きし、数多くのメーカーや機器の中より最適な機械をご提案させて頂きます。
精米・異物除去・仕上げ・計量・包装・糠の取扱い等の工程・規模によりお客様に最適な機械・ラインをご提示致します。

1.導入相談・打ち合わせ

1.導入相談・打ち合わせ

新規設置だけでなく、既存のラインに新しい設備を追加導入する場合や新しい機械にリプレースをする場合など、早い段階でお気軽にお問合わせください。
構想段階からご相談いただければ、設置する場所や想定される規模・能力・ご予算などに応じて、最適な導入プランを設計させていただきます。

当社は、単に指定された機械を納入するだけでなく、タンクなどの重量物を支えるための基礎工事や、機械間がスムーズに連携し、期待通りの性能を発揮できるようなプラント設計を得意としています。

2.システム設計

2.システム設計

ご要望を伺い、設置場所の確認などの打ち合わせをさせていただいた後、当社にて最適な設備の選定や導入計画の策定を行います。

3.ご提案・お見積もり

3.ご提案・お見積もり

導入計画に基づいたご提案、およびお見積もりの提示をさせていただきます。

4.施工・工事

4.施工・工事

発注いただいた後に、機械や部品の調達、設置プランに応じた加工や調整を進めます。
準備が整ったところで、計画に合わせて施工・設置工事を実施いたします。

5.試運転・運用開始

5.試運転・運用開始

設置完了後、試運転をおこない最終的な調整をいたします。
すべての確認項目が問題なくクリアされたところから、お客様による運用開始となります。

導入事例

機械メーカーの既製品の設置だけでなく、自社にて作成の部品や装置を使って設備を組み上げています。
既製の業務用精米機を流用し、故障の少ない使いやすいコイン精米機も作成できます。

・製粉機から米粉の連続取り出し装置
・精米工程で発生する糠の連続袋充填装置
・現場に合わせた寸法のタンクやコンベアの作成
・工業用粉粒体自動連続供給ライン

等も手掛けております。


  • 全一覧
  • 現在登録がありません